八王子に笑顔と幸せを 八王子市議会議員 ほしの直美

4大政策はこちらから

活動報告ほしの直美
活動報告一覧

2017年06月03日

松木中学校 道徳授業地区公開講座に参加しました

道徳授業地区公開講座@松木中学校。中学校では道徳の授業が教科として平成31年から完全実施されます。今後どのように進めていくのか?という課題がある中で、「学校と共に思いやりの心を育む、地域や家庭のあり方について」というテーマで意見交換会も開催されました。先生、PTA、地域との交流を通してそれぞれの立場から議論がなされました。 1年生から3年生のクラスを見学し、それぞれどのような学習を進めているのか、また生徒たちがどのように感じているのかを確認することができます。 年3回開催される道徳の公開講座では「思いやり・感謝」が共通のテーマです。教科になるということは、評価をする必要があります。「思っていても表現や行動ができない」という部分はどのように評価をするのでしょうか?マトリクスを作成して思いを図に表現する工夫もなされていますが、先生たちの教育もどうするのでしょうか? 今回の意見交換会において、「大人をみて子どもは育つ」、「親の行動を手本にしている」「学校と共に思いやりを育むには、地域特性に合った指導も必要ではないか?」など、地域や家庭のあり方について、私たちも真剣に考えました。 校内にはいじめ防止に関するポスターや、先日打ち上げが成功した「みちびき2号」に関するポスターが貼られています。安心して勉強できる環境を整備したり、向上心を刺激することも大事なことだと思います。体育祭も終わり、生徒たちもまとまってきた感じがします。これからも学校と関わりながら、地域の子どもは地域で育てる!という思いをもって、子どもたちの将来をしっかりと見守りたいと思います。

詳しく見る
2017年06月01日

「みちびき2号」打上げ成功!松木中・加住中から宇宙記者派遣!

種子島宇宙センターと松木中学校・加住中学校を結び、「みちびき2号」打ち上げの中継が行われました。 松木中・加住中から2名ずつの生徒が宇宙記者として派遣され、現地の様子がリアルタイムにレポートました。 このJAXAとの交信は日本でもこの2校のみで、生徒たちもこの貴重な経験をとても喜んでいました。私は、地元松木中学校の体育館で全校生徒と地域の方たちと、ロケットが上がる前の生徒たちのレポートを見ながら一緒に緊張をし、10秒前のカウントダウンは全員で行い、打ち上げ後はみんなで拍手をして喜び、軌道に乗った瞬間に打ち上げ成功の一報聞くという、本当に素晴らしい経験をさせて頂きました。 派遣された生徒たちも事前にしっかり勉強をしており、打ち上げ後に行う八王子で待つ生徒たちからの質問にきちんと答えているのをみて、頼もしくなりました。 このロケットは「みちびき2号」という名称で日本版GPSと呼ばれ、位置情報を誤差数センチに縮める効果が期待されています。生徒たちの感想には、「日本を便利にしていくという思いを感じている」、「自分の将来を考えるきっかけになった」、「宇宙開発はロマンや夢ではなく現実に近づいている」というものでした。 貴重な経験が子どもたちの未来に大きく関わることを実感しています。子どもたちはやっぱり希望の光ですね。

詳しく見る
2017年05月09日

ろう重複者を対象とした「たましろの郷」へ視察に伺いました

青梅市にある「たましろの郷」に視察に伺いました。ここは、ろう重複者(さまざまな障害を併せ持った聴覚障害者)の方たちが自立した生活ができるよう支援する施設です。 過日、すぎな愛育園で開催された「手話まつり」に参加をさせて頂いた際、「是非行ってみてください」とお声かけ頂きこの施設のことを知りました。この施設は八王子からさほど遠くないため、市民も利用しているとのことでしたが、ろう重複者の施設は全国で5か所しかないため入所希望者が多いのが現状です。また、施設内で30人が日々の生活を送っており、20人が通所をしています。高齢者介護とは異なり、障がい者には夜勤も同性介護が基本となっているため、職員の数が少ないのも大きな課題です。 現場に行って分かったことは、健常者の感覚とは全く違う世界でいきているという自覚が必要なことです。「聞こえる人は、考えるときには言葉で考えるけど、聞こえない人は行動で考える」、「聞こえない人の疑似体験はできない」、「パラリンピックに聴覚障害者がいないのは、四肢に傷を負った兵隊のリハビリが発端だから。聞こえない人にリハビリはない」とのこと。今まで考えたこともない現実と向き合うきっかけを頂いたと感じています。 施設長さんや、ご案内いただいた職員の方のお話から、補助金がほしいというお願いではなく、とにかく聞こえないことの理解を深めるために必要なことは、地域の市民とコミュニケーションをとることだという切実な思いが伝わりました。 また、障がいが確認されたら、自分でできることを増やすためにも早期支援が必要とのことでした。移動支援の充実や相談支援の充実、特に人に合わせた柔軟性が求められています。法律や条令が活かされるよう現場に足を運び、私たちが現実を知ることも必要です。 視察の終わりには、施設の仲間たちが作成したヘアゴムとミントのポプリを購入しました。 「たましろの郷」は開設して15年。議員視察は初めてとおっしゃっていました。これからも、誰もが安心して住めるまちづくりを目指して勉強させて頂きたいと思います。

詳しく見る

私の政策の原点は、常に「市民の皆様が笑顔と幸せになる」ことを第一に考えて行動していきます。
そこで下記の4つの柱をしっかりと取り組んでまいります。

  • 「誰もが明るく元気に暮らせるまち」に!
  • 「仕事と生活の調和がとれるまち」に!
  • 「環境保全のための公共交通網が整備されたまち」に!
  • 「安心、安全な住みよいまち」に!

お問い合わせに関して

メールなどで沢山のお問い合わせご意見を頂いております。ありがとうございます。
おひとつおひとつ時間のあるかぎり拝見しております。
メールの返信に関しましては、返信ができるかどうか確認しております。
ご理解のほど宜しくお願い致します。

  • Twitter

  • Facebook