八王子に笑顔と幸せを 八王子市議会議員 ほしの直美

4大政策はこちらから

活動報告ほしの直美
活動報告一覧

2021年01月13日

緊急事態宣言の再発令を受けた経産省の支援措置について

経済産業省からのお知らせです。 1月12日の閣議後の定例記者会見で梶山経済産業大臣が言及した緊急事態宣言再発令に 伴う「売上の減少した中小事業者に対する一時金(以下、売上減少一時金)」について、 現段階での情報をお知らせします。 現在、制度の具体的な内容や条件について検討されており、概要が判明次第、会員の 皆様にはご連絡をいたします。 ■「売上減少一時金」の概要 (1)支給対象 ・緊急事態宣言(※)に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により  影響を受け、売上が減少した中堅・中小事業者。  ※東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県など緊急事態宣言発令地域を順次追加。 (2)要件 ・緊急事態宣言の再発令に伴い、以下の1または2により、2021年1月または2月の  売上高が前年対比▲50%以上減少していること  1.1都3県の飲食店と直接・間接の取引があること  2.1都3県の不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けたこと (3)給付額: ・算出方法:2020年1月および2月の事業収入-(前年同月比▲50%以上の月の事業収入×2) ・上限:法人40万円以内、個人事業者等20万円以内 ■参考資料(中小企業庁・経済産業省ホームページ)  下記URLをご参照ください

詳しく見る
2021年01月12日

飲食業の皆様『営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金』

東京都では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言が発令され、営業時間短縮が強化されることに伴い、要請に全面的にご協力いただける中小の飲食事業者等に対し、新たに協力金を支給いたします。 ◆支給額 〇一店舗当たり186万円 緊急事態措置期間開始の令和3年1月8日から2月7日までの間、全面的に協力いただいた場合(31日間) なお、営業時間の短縮に向けて準備等が必要な場合において、令和3年1月12日から2月7日までの間、 全面的に協力いただいた場合(27日間) は、一店舗当たり162万円 ◆主な対象要件 〇「東京都における緊急事態措置等」により、営業時間短縮の要請を受けた都内全域の 中小企業、個人事業主が運営する飲食店等 〇夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業を行っていた店舗において、朝5時から 夜20時までの間に営業時間を短縮するとともに酒類の提供は11時から19時までとすること 〇対象期間において、営業時間の短縮に全面的にご協力いただくこと 〇ガイドラインを遵守し「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していただくこと ■申請受付 〇令和2年12月18日からの営業時間短縮要請に係る協力金とは、別途申請を受け付ける 予定です。 〇ポータルサイトの開設時期や申請受付期間、申請方法等は決定次第、都ホームページにて 公表します。 ■お問い合わせ 東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター (電話番号03-5388-0567 9時から19時まで毎日)

詳しく見る
2021年01月11日

成人の日 おめでとうございます✨

地元の母校もお祝いしています。 緊急事態宣言が発令され、楽しみにしていた式典が中止になってしまいましたが、成人式を迎える皆さんを、心からお祝いし、ずっと応援しています。 突然の中止の知らせを受けてお祝いの気持ちをどうやって表せるか・・・大人たちも一生懸命考えました。 八王子で育ってよかったと思って頂けると嬉しいです。

詳しく見る

私の政策の原点は、常に「市民の皆様が笑顔と幸せになる」ことを第一に考えて行動していきます。
そこで下記の4つの柱をしっかりと取り組んでまいります。

  • 誰もが明るく元気に暮らせるまちに
  • 仕事と生活の調和がとれるまちに
  • 移動支援や物流がスムーズに流れるまちに
  • 安心・安全な住みよいまちに

お問い合わせに関して

メールなどで沢山のお問い合わせご意見を頂いております。ありがとうございます。
おひとつおひとつ時間のあるかぎり拝見しております。
メールの返信に関しましては、返信ができるかどうか確認しております。
ご理解のほど宜しくお願い致します。

  • Twitter