八王子 笑顔と幸せ 八王子市議会議員 ほしの直美

4大政策はこちらから

活動報告ほしの直美
活動報告一覧

2023年01月18日

八王子市外に本社のある企業の皆様へ

八王子市では、企業版ふるさと納税制度を活用し、企業の皆さまからの寄附を募集しております。 企業版ふるさと納税は、本市の事業に寄附していただいた場合に、法人税、法人住民税等から9割税額控除されます。 企業の皆さまの寄附を「八王子市まち・ひと・しごと創生総合戦略」で掲げる事業に活用させていただき、「あなたのみちをあるけるまち。八王子」に向けて取り組んでまいります。 またご希望により本市のホームぺージに企業様のご紹介をさせていただくとともに、感謝の気持ちを込め、市長から感謝状や表彰状をお渡ししております。 近年、関心が高まっているSDGsにも貢献ができる制度です。ぜひこの機会にご活用の検討をお願い申し上げます。 なお、企業版ふるさと納税は、本社が八王子市外にある企業等が対象でございます。 詳しくは、八王子市広報プロモーション課(042-620-7335)までお問合せください。 【お問合せ先】 八王子市都市戦略部広報プロモーション課  (担当:前田、飯干、増田) 〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号 TEL:042-620-7335 FAX:042-626-3858 E-mail:b401100@city.hachioji.tokyo.jp

詳しく見る
2023年01月03日

🎍明けましておめでとうございます🎍

3期目はじめの2019年から、様々なカタチでコロナ禍と戦ってきた3年間でした。また、ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、世界的な原油高・物価高などを招いており、私たちの生活への不安も一層深刻な状況になっています。 今後さらに円安がすすめば、給料は上がらないと言われている中、バラマキ政策だけはすぐに決まっていく。後世への負担増、格差の拡大だけではなく、人口減少や少子高齢化、福祉、防衛、国の最も基本となる部分が揺らいでいては、この国の将来が市民の一人として不安です。  このような時代環境の中で、八王子市の市政運営をしていかなければなりません。それには、私たちの生活、財政運営や施設維持など、市議会議員としてどう向き合うかが課題です。  議会の役割の一つは、予算を執行する部署への監視と言われています。市民の声を届ける、その役割の重要なプロセスの一つが、議場での一般質問です。市長や執行部と対峙し、様々な質問や意見を直接ぶつけて回答を求めていくことが、議員活動の根幹を成すもので、日頃からの調査・研究、そして、市民の皆様の声を聞くことが、地域の要望を行政へと届け、縦割りの行政に対し、所管をこえて質問する。 これは、議員にしかできないことだとも言えます。    また、3期12年の議会活動を通して感じていることは、政治家が政治だけを家業にするのではなく、ビジネス感覚が身についている人が、政治の世界に入っていくことも必要ではないか、と感じています。「役所とか政治にはこのような難しさがあるんだ」ということや、「ビジネスにおける経営戦略や実行するまでのスピード感」など、経験や知恵のある人材が、議会にいることで、これまでの慣例だけにとらわれず変わっていくことは、市政運営には重要な視点だと考えています。災害ともとれるコロナ禍において、市民から求められることに行政が答えを出すまでの煩雑なプロセスは、ビジネスの世界では考えられず、今も経営者や働く皆様との意見交換や、自ら事業経営に参画することで、政治と経営の両側からコロナ禍の現状を捉え、スピード感を持って、安全安心な生活を幅広い視点で支えていきたいと考えています。 今年も一生懸命頑張ります。

詳しく見る
2022年12月30日

新型コロナウイルス感染症かな?と思ったら

〇東京都が「臨時オンライン発熱診療センター」を開設しました。  東京都では、今冬の新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行・感染拡大による発熱外来のひっ迫時等に対応するため、発熱等の体調不良があり、診療や薬の処方を希望する方にオンライン診療を提供する「東京都臨時オンライン発熱診療センター」を開設します。 (なお、コロナウイルス自己検査陽性疑いで、症状が安定し医療機関の受診は不要とご自身で判断でき、市販薬を活用して自宅療養が可能な方は、本診療センターではなく、東京都陽性者登録センターに登録してください。下記URL参照) ・対象者  以下の要件を全て満たす方 (1)都内在住であること。(オンライン診療時に都内にいる方に限ります。) (2)13歳以上64歳以下であること。(基礎疾患がある方、妊娠している方は対象外です。) (3)新型コロナウイルスの検査キット※1による自己検査をしていること。   (陽性・陰性いずれも可。) (4)発熱など新型コロナウイルス感染症や、インフルエンザ等の疑いがあること。   (なお、既に医療機関で新型コロナウイルス感染症の陽性の確定診断を受けている方や、東京都陽性者登録センターに登録済みの方はうちさぽ東京または自宅療養者フォローアップセンターにご相談ください。※2)  ※1 体外診断用医薬品又は一般用医薬品として国に承認されたものに限ります。  ※2 新型コロナウイルス感染症の自宅療養中に医療にかかりたい場合は、医療機関で確定診断を受けた方は診断を受けた医療機関に、東京都陽性者登録センターに登録済みの方は自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京 0120-670-440)又は自宅療養者フォローアップセンターにご相談ください。詳しくは こちらをご参照ください。 ・開設日・診療時間  開設日 令和4年12月12日(月曜日) 午前9時から受付開始  診療時間 9時から24時まで(土・日・祝日を含む) ※令和4年12月29日(木)から令和5年1月3日(火)までは24時間(0時から24時)診療します。 〇新型コロナウイルス感染症に関するコールセンター 新型コロナウイルス感染症の予防についてのご相談や、療養に関するご相談、多言語に対応するコールセンターのご案内です。   ◇新型コロナウイルス感染症に関するコールセンター:電話番号:042-620-7253  FAX番号:042-620-7322) (受付時間:8時30分から17時まで(土、日、休日を含む))

詳しく見る

私の政策の原点は、常に「市民の皆様が笑顔と幸せになる」ことを第一に考えて行動していきます。
そこで下記の4つの柱をしっかりと取り組んでまいります。

  • 誰もが明るく元気に暮らせるまちに
  • 仕事と生活の調和がとれるまちに
  • 移動支援や物流がスムーズに流れるまちに
  • 安心・安全な住みよいまちに

お問い合わせに関して

メールなどで沢山のお問い合わせご意見を頂いております。ありがとうございます。
おひとつおひとつ時間のあるかぎり拝見しております。
メールの返信に関しましては、返信ができるかどうか確認しております。
ご理解のほど宜しくお願い致します。

  • Twitter