八王子に笑顔と幸せを 八王子市議会議員 ほしの直美

4大政策はこちらから

活動報告ほしの直美
活動報告一覧

2019年04月03日

循環型社会を作るために

家庭や事業者から排出される可燃ごみの約40%が生ごみとなっており処理する生ごみの量を減らす取り組みとして家庭では段ボールコンポストを利用する取り組みも進んでいます。この生ごみを資源化することにより、ごみの減量につながることとなります。  南大沢にある、八王子バイオマスエコセンターは生ごみを堆肥にする施設でしたが、稼働中には悪臭が収まらず現在停止中。実際に地域住民の方から苦情を受けて現場に行ってみましたが、施設周辺は本当に耐え難い臭いで包まれていました。再稼働に向けた実証実験が長野県大町市で行われ実際に現場視察に行きました。  生ごみが搬入され発酵される現場は強烈な臭いが発せられていたり、臭いが段階的に減少していくことも実際に行かなければわからないと感じているところです。事業者は再稼働に向けて、市に改善計画書を提出し内容を審査してもらい、住民との理解を深めるため、住民説明会等を開催していますが、事業系生ごみの資源化促進に関しては、当該施設の活用が資源循環を促進するためにも有効であり、市と事業者の施策は一致しています。  市として今後、再稼働に向けて、町会自治会等と合意形成が図られ、万全な臭気対策が講じられ、地域住民の生活環境に影響がないよう管理・指導してまいりますとの答弁を頂いています。しっかりと生活環境に影響がないよう注視していく必要があります。 また、南大沢のような生ごみを堆肥にする施設だけではなく、生ごみから電気、ガス、エタノールなど様々なエネルギーとして使うことも可能となっています。八王子ではゴミを電気にしていますが、焼却していた生ごみをバイオガス化施設によりメタンガスを発生させ、発電機や自動車の燃料に利用することもできます。  本市でも課題となっている生ごみを、さらに違った形のエネルギーに転換しようとしています。 また、最近の事例では、野菜くずのような食品廃棄物や紙ごみ、例えば市役所の保存文書は年間30トン以上あるそうですが、これらを糖化・発酵させることで、バイオエタノールやバイオガスを生成する技術も確立しており、ガスで温水を作る燃料にしたり、エタノールは施設の消毒などに使えることから、地域貢献や収益を期待できる施設であると考えます。  このように、従来、ごみとして焼却処分していた「生ごみ」や「紙ごみ」をエネルギーに変換して活用する、様々な技術が研究開発されています。  これからのごみのエネルギーの有効活用や、エネルギーの地産地消など、本市において、循環型社会の実現に向けて取り組めるよう、しっかりと勉強していきます。

詳しく見る
2019年04月03日

地域と学校との連携 ~歴史文化に触れる~

人間関係が希薄だと言われているニュータウンですが、地域の子どもたちが文化財に触れることで、このまちに住んでいて良かったと感じることができる体験型の取り組みを考えていきたいと思いました。今年度、歴史を活かした魅力の発信という施策の中に、魅力を発信する拠点施設の八王子城跡において、子どもと保護者が一緒に参加する体験型イベントが実施されます。本市では、日本遺産の認定に向けた取り組みも始まる中で、子ども向けに魅力ある歴史文化を知ってもらう取り組みが積極的に行われます。  歴史に触れるイベントが人気を博しているとのことですから今後も是非続けて頂きたいと思います。また、八王子の史跡に直接行くことが子どもたちの学習の場所になることは、子どもたちの体験を増やすことにもつながります。  八王子市独自で行った「子どもの生活実態調査」では、体験は成長の糧となることも示されています。そこで、八王子の小中学校に通う全ての子どもたちが、一度は史跡を訪れるなど、歴史に触れる機会を作ることを提案しました。教育長からは、歴史や文化財に触れることは大切な事と考えておりますので、そのようなことにつながる取り組みを推進していくとの答弁を頂いています。  楽しい思い出のできた子どもが親を誘って史跡を訪れるようになったり、八王子に住んで良かったと思えるような取り組みを推進していきます。

詳しく見る
2019年04月03日

地元多摩ニュータウン地域の質問からスタートしました(歳出)

まずは、地元「多摩ニュータウン」について質問をしていきました。ニュータウンの特徴は高齢化が急速に進んでいたり、新しい住宅ができてきたり、八王子市民であるという意識が薄い人もいたり、生活圏は多摩市と思っていたり、ごみの収集だけが八王子市とのつながりと思っている方もいらっしゃいます。一方で、ニュータウンには八王子の歴史とゆかりがある地域があったり、農家があったりと、状況も課題も違っています。  今年度は、多摩ニュータウンまちづくり方針が策定され、目標の実効性を高める取り組みが必要です。このまちに住んでいて良かったと子どもの時から感じることができる取り組みも合わせて考えていくために、地域の声をしっかりと捉え、まちづくりのためにお役に立って参ります。  また、南大沢駅周辺にある法務省の入っているビルは八王子市の資産であり、フレスコ南大沢といいます。このフレスコビルは信託ビルで現在みずほ信託銀行が運用していますが、市が指導監督できる立場にあり、現状を改善していくことは可能であるし、運用や施設整備にも市の意向を反映することができます。入居率を100%に保ち、配当金も昨年同様、約1900万円を維持しています。信託期間もあと7年となり今後のビルの価値を高めるためにも、魅力ある施設運営が求められています。市の財産運用について、これからもしっかりと注視してまいります。 そして、輪舞歩道橋の下にある自転車専用道路を横断歩道として利用している人が多く、高齢者も渡っていることから、横断歩道の設置をすることを求めてきました。しかし、昨年の予算等審査特別委員会の総括質疑において、交通管理者からは立体横断施設の下に横断歩道を設置する事は困難であるとの見解が示されていましたが、周辺自治体、例えば立川や府中には立体横断施設の下に横断歩道が設置されている箇所があります。輪舞歩道橋の場合、安全確保を考えると横断歩道はあった方がいいと思います。また、先月には、東京都が南大沢地域の団地の高齢者を対象に今後の移動支援対策として、パーソナルモビリティの調査が実施されています。エレベーター設置ではなく、バリアフリーのまちづくりとしての取り組みをこれからも推進していきます。

詳しく見る

私の政策の原点は、常に「市民の皆様が笑顔と幸せになる」ことを第一に考えて行動していきます。
そこで下記の4つの柱をしっかりと取り組んでまいります。

  • 誰もが明るく元気に暮らせるまちに
  • 仕事と生活の調和がとれるまちに
  • 移動支援や物流がスムーズに流れるまちに
  • 安心・安全な住みよいまちに

お問い合わせに関して

メールなどで沢山のお問い合わせご意見を頂いております。ありがとうございます。
おひとつおひとつ時間のあるかぎり拝見しております。
メールの返信に関しましては、返信ができるかどうか確認しております。
ご理解のほど宜しくお願い致します。

  • Twitter